MOTインストラクション認定研修 その後


夏の野外イベントも終わり
蝉の抜け殻のようにカラッポな気分

8月に受講したMOT研修からはや一月が・・・
終了後一ヶ月以内に課題提出。 ふぅ~

2回のフォローを受けてようやく提出に。

まてまて、提出前に「課題評価費用」を振り込まないと。12,600円ナリ。 

そして準備するものは・・・
あ~まだたくさんあるよ~

・受験申請書
・インストラクション認定研修と課題についての所感(まぁ感想文ですね)
・ストーリーボード(授業を行う際のシナリオのようなもの)
・模擬授業(メディアエンコーダで収録)

ストーリーボードは誰でも使えるように汎用性を持たせて、
さらにMOTとしてのスキルが盛り込まれてないといけない
これが結構細かくて大変。

模擬授業は、ストーリーボードに沿った内容で
実際の授業をしている雰囲気を出さないといけない
10分間という制限時間付で。
短くても長くてもいけません。
これができていないとタイムマネジメントができていないとみなされる・・・

以上のものをCD-Rに書き込んでMOT事務局に提出。

なんとか完成させて提出しました。

評価はマイクロソフト社員と社外のコンサルタントで行われるそうで
全員の評価が基準点を超えたら合格。

あ~結果がくるまでドキドキだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • パソコン 歴史

    Excerpt: パーソナルコンピュータは、1970年代のアメリカ合衆国で幕開けとなった。当初はAltair 8800や、アップルコンピュータ、タンディラジオシャック、コモドール、アタリなどによる、8ビットのマイクロプ.. Weblog: パソコン.net racked: 2007-09-07 18:54